年越し蕎麦の由来

年越し蕎麦とは、
大晦日(12月31日)に縁起をかついで蕎麦を食べる習慣

のことを言っております。

この風習は江戸時代から定着したと言われており、

蕎麦は長く伸ばして細く切って作る食べ物なので、

細く長くということから

「健康長寿」「家運長命」などの

縁起をかついで食べるという説が一般的ですね。

年越し蕎麦には、他にも諸説がございまして、

他の麺類よりも切れやすいことから

「今年一年の災厄を断ち切る」という説。

金箔を使う細工師は、飛び散った金粉を集める時に

練ったそば粉を使うので、

「蕎麦は金を集める」という

縁起で食ベるようになったという説もあるようです。

御利益の真偽は兎にも角にも、

家族全員で食卓を囲み、今年一年の出来事を思いながら

新しい年を迎えられることに感謝できる時間を

大切にしたいものですよね。

“年越し蕎麦の由来” への2件の返信

  1. すいません。
    何度もMAILしてますが…。MAILが返ってきてしまいます。
    ライヴの更新お願いしたいのでよろしくお願いします。

  2. 更新しましたよ。
    古いアドレスに送ってない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。