インドネシア人看護師候補が義援金

地震での被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げると共に、

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。

また、一日も早い復旧・復興を願います。

ジャカルタ時事によると、

日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)に基づき、近く日本で研修予定の

インドネシア人看護師・介護福祉士候補者が2日、東日本大震災の被災者への

義援金1530万ルピア(約14万円)を塩尻孝二郎駐インドネシア大使に手渡した。

この日は今年の候補者104人の中から代表3人が大使を訪問。

介護福祉士候補の女性ベラ・ディアナ・サエランさん(21)は

「(2004年の)スマトラ島沖地震・津波で日本は支援してくれた。

今度はインドネシアが日本を助ける番だ」と語った。

他の候補者も「地震があったが日本に行って勉強し、働きたい」

「被災地でボランティアをしたい」などと決意を述べた。

との事。

この候補者にとって大きなお金・・・

金額ではない、気持ちが大事!

そして、一番大事なのは、

今思う気持ちを、いつまでも忘れない事!!

人を思い遣る気持ち、お互い様の気持ち、譲り合う気持ち、助け合う気持ち・・・

世界中の人に言えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。