シンガポールの煙草には1本1本納税済の印鑑が押してある

シンガポールは、禁煙推進国なので、

愛煙家の私目にとっては、辛い滞在になります。

シンガポールは、国外からの煙草の持込みには、

1本目から課税されます。

例え免税店で買った煙草でも、課税対象になります。

自己申告ですが、自己申告の他に煙草が見つかった場合、

罰金まで払うことになります。

以前の話ですが、私は知らずに6箱持込んで、

S$50(約3,400円)請求されたので、

6箱全て、捨ててもらいました。

もしインドネシアの税関なら、

捨てる煙草を、自分のポケットに入れるんでしょうが、(全員ではないが・・・)

さすがシンガポール、

カッターナイフで切り刻みましたよ。

街中では、MarlboroがS$12(約800円)ですので、

税金払った場合と変わらないので、無駄に持込まずに

街中で必要な分だけ買って、節煙する方が良いですね。

公共の場所は、禁煙ですので、自然に節煙できます。

もし、持込んだ煙草を吸う場合には、

納税した証明書を携帯しておかなければいけません。

納税した証明書を提示できない場合、罰金です。

頭の良い人なら、どうすれば良いのかお分かりでしょう・・・

シンガポールで販売されている煙草には、

一本一本に納税済みの目印があります。

注意が必要です。

“シンガポールの煙草には1本1本納税済の印鑑が押してある” への2件の返信

  1. 私にとって、シンガポールは竜宮城のようでした。
    夫は愛煙家(しかも我慢できない)ので、
    多分8時間位しかいられないでしょう・・・
    日本からのガルーダに乗ってる間が8時間でしたから。
    でも寝てたからか。ホントは何時間ガマンできるかな・・・

  2. メメニャソラ様、
    バリからしたら、竜宮城ですよねえ。
    煙草のことさえなければ、本当に大好きな国です。
    結構灰皿も多く設置されているので、そんなに我慢する必要はないんですが、値段が高過ぎで我慢しなきゃいけない部分があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。