サンバル巻き・・・岡山空港で先行販売開始

さつまバリの陰の人気商品、”サンバル巻き”が、

岡山空港で先行販売開始されました。

サンバル巻きとしてではなく、

岡山城をイメージして、

烏城(うじょう)巻き

というネーミングで販売中です。

さつまバリのサンバル巻きのまんまではなく、

岡山城(烏城)をイメージして、お米を黒米にしたり、

海苔の佃煮を加えたり・・・

さらに、美味しくなっております。

ナント!テレビ・ラジオの取材が殺到中。。。

”食べるサンバル”も、秋までには鹿児島空港を皮切りに、

主要駅売店、パーキングエリア売店等で販売予定です。

“サンバル巻き・・・岡山空港で先行販売開始” への2件の返信

  1. 高級すし店の裏メニュー
    「わさび巻き」みたいなのを想像すれば
    いいんですか?黒米なんて贅沢ですね
    ところで、台湾のベジタリアンの人はタマネギ・ニンニクも
    食べないんですか?
    女人禁制のお寺の僧みたいなんですか?

  2. メメニャソラ様、
    実は、”わさび巻き”もメニューにありまして、人気メニューなんですが、”サンバル巻き”は、なぜかサンバルと玉子で辛子明太子風味になるんです。
    ベジタリアンは、基本的には動物性食品の他、乳製品、玉葱、にんにくダメです。一番制限があるベジタリアンの人をヴェーガンと言います。
    玉子OKのベジタリアンもいますが、基本的にはNOです。
    台湾の人口の10%は、ベジタリアンで、さらに台湾人の殆どが、一週間に一回はベジタリアン食を食べるという習慣があります。
    台湾のベジタリアンは、ヴェーガンは少ないので、玉子OKは多いですよ。女人禁制ほどの制限は無いですねえ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。