小岩の宗庵頃場・・・黒らーめん対決!!

さつまバリのメニュー構成に、似た感じのラーメン屋さん

発見!!

小岩北口にある、宗庵頃場(しゅうあんころば)

頃場メニュー

「白頃場らーめん」(基本の豚骨)600円

「黒頃場らーめん」(こがしニンニク)650円

「赤頃場らーめん」(唐辛子)700円

長崎ちゃんぽんなんてメニューもあります・・・・。

ネーミングも、さつまバリとカブっておりますが、

このメニュー以外にも、焼酎や一品おつまみがあって、

ラーメン屋さんと言うよりはラーメン居酒屋って感じでしょうか。

私の注文は、もちろん・・・黒頃場ラーメンのこってり

頃場黒

スープは、普通かコッテリを選べます。

麺も、細麺か太麺か選べますが、ここは当然、細麺・・・

関東以北の方は、太麺が好きなんでしょうか?

スープと麺の相性っていうのは、

大事なんです。

どのラーメン屋さんも、

スープが決まったら、そのスープに合う麺を探すか作ります。

もし、先に麺が決まったら、その麺に合うスープを作ります。

本当は、スープというよりは、元ダレが肝心なんですけど。

さて、
さつま黒 VS 黒頃場 らーめん対決は、

結果から言うと、

さつま黒らーめんの勝ち!!

こちら、さつま黒らーめん

kuro-ramen

黒頃場らーめんは、こってりスープを選んでも、

こってりなのにアッサリ的で、非常に完成した素敵なスープなのですが、

黒と名付ける程の黒のパンチ力がありません。

でも、本当に美味しいですよ。

ただ、この日本において、麺は選び放題でありながら、

何故あの細麺を選んだのかは疑問です。

細麺をもう少し研究したならば、

日本でも上位に入るお店だと思います。

やわ麺好きの人には、結構上位かもしれません。

次回太麺、長崎ちゃんぽんにも挑戦してみようと思います。

※あくまでも、個人的感想です。

今後の参考になったお店です。

店員さんは、愛想も元気もよくて好印象です。

個人的には、竹之内豊似のラーメン作る人が、気になりましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。