インドネシアの国営銀行BNIの定期預金のしくみ

投資用に注目されている、インドネシアの国立銀行BNIの定期預金とはどのようなものか説明します。

インドネシア国営銀行の定期預金について

最低預入れ金額は、10,000,000ルピア(日本円で約10万円)で、

1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・18ヶ月・24ヶ月という契約になります。

定期預金の証書

IMG_4818

受け取れる金利

2016年3月現在の受取りの年間金利は

1ヶ月・・・年利4.25%

2ヶ月・・・年利4.75%

3ヶ月・・・年利6.00%

6ヶ月・・・年利6.00%

12ヶ月・・・年利6.00%

18ヶ月・・・年利6.00%

24ヶ月・・・年利6.00%

10,000,000,000ルピア、日本円で約1億円以上ならもう少し上乗せがあります。

日本で投資マンションの期待利回りの平均が3%だと考えれば、インドネシアの定期預金が注目されますね。

心配な症な方は、3ヶ月更新がオススメです。余裕がある方は、12ヶ月がオススメです。

なぜかというと、12ヶ月に関しては、100juta(日本円で約100万円)以上なら、6.25%になるのです。

おかしなことに、18ヶ月や24ヶ月では6.25%にはなりません。

20年位前は30%を超えていました。怖くて預金なんて考えもしませんでしたが・・・

預金は保証されるのか

さて、誰もが心配することは、やはりペイオフのことだと思いますが、

インドネシア政府はひと口座1名に付き2,000,000,000ルピア(日本円で約2,000万円)を保証しております。

※「ペイオフ」とは、「預金保険制度」のことをさし、金融機関が破綻した場合などに備えて、預金者の保護を目的として設立された制度です。

もうひとつ心配されることは、

為替変動ですが、現在は、インドネシア政府が為替介入しており、為替レートは安定しています。

為替変動によっては、1週間で100万円儲けた人もいます。

金利は毎月BNIの普通預金口座に、税金20%が引かれて入金されます。

そのためインドネシアでの申告は必要ありません。

満期が来た場合、自動で延長されますので、満期に解約しない場合は手続きの必要はありませんが、

解約したい場合はインターネットバンキング(事前に開設)で日本からでも世界のどこからでも手続きできます。

インドネシアも国が安定してきているので、毎年のように公定歩合が引き下げらますので、口座開設をお考えの方は、早めがよろしいかと思います。

バリ島で国営銀行BNIの口座開設をサポートのバリサポートはコチラ

2018年から海外の預金口座情報も国税庁に自動的に連絡!回避方法は?

バリ島でインドネシア国営銀行BNI口座開設のサポートをしていると、いろいろなご質問を頂きます。最近では、インドネシアの非居住者の銀行口座を日本の税務署が把握できるかどうかのご質問が続きましたので、そのことについて書かせていただきます。

平成27年度税制改正大綱によると、2018年から非居住者口座についての自動的情報交換がスタートする旨が定められています。
自動的情報交換とは、諸外国との租税条約に基づく情報の提供をいい、この制度によって、例えば外国に預金を持っていらっしゃる方の預金情報が、日本の国税庁に自動的に連絡されることになります。

タックス・ヘイブンも例外ではありません。
現在、日本は世間でいうタックス・ヘイブン国とも租税協定を結んでいます。このため、これまで安全と言われていたケイマン諸島や英領バージン諸島に日本人が預金口座を設けていれば、その情報は自動的に日本の国税庁に連絡されることになるのです。となれば、海外に財産を移転すれば何とかなる、などと甘い考えはもはや通用しないと言え、相続税はもちろん、海外口座に入金される利子や配当の所得税の申告漏れも把握されることになります。

このように、国外に財産を逃がせば何とかなる、といった時代はすでに終わったと言っても過言ではないのですが、未だに甘い考えで海外の預金口座などを活用して、節税(正確には、脱税)しようとする輩が多いことも事実です。税務調査で見つからない、と甘く考える方は、100万円超の国外送金など、法律で税務署に提出が義務付けられる資料(法定調書と言います)に関係ない情報であればバレない、と考える傾向があります。

しかし、この自動情報交換がスタートしたとしても、はたして全部把握されるのでしょうか?
インドネシア・バリ島非居住者でも把握されない方法が見つかりました。お悩みの方は、お問い合わせ下さい。

 

危ないバリ島!!3万円誤魔化されるところだった

さっき、両替に行ったんですが、

レートボードで1円=Rp.116.75、、、まあ良いレートです。

で、

29万円を両替しようと思い、私はインドネシア語で

『29万円両替ネ!』と言ったのですが、

電卓を弾いた金額が、おかしい!暗算でも分かる。。。

すると、お金を数える係の女性が、小声で

『この人29万円って言ったけど、26万円しかないよ。』

と、電卓女に・・・

私は聞き逃さなかったよーー。

私は、29万円と言ったつもりでしたが、どうも、26万円と言っていた模様。

しかしよ、最初に受け取った電卓女が、私に29万円でしょ?

とか言えよ!

しっかり、3万円ポケットから・・・除けていやがった。

海外での両替には気を付けましょうね。
money

 

 

 

 

 

 

290,000円⇒Rp.33,857,500

金持ちになった気分にさせてくれます。

我が家のセキュリティー犬Wasabi(和咲美)に、

明日銀行が開くまで守ってもらいましょう。。。
wasa_secu

 

 

 

 

 

 

首に巻いたお金を奪おうとしたら、物凄い剣幕!

本気で噛みやがった。。。

バリ島ロングステイサポートを再開しました

丸四年やっていた、バリ島無料サポートを

今年の初めから、中止しておりましたが、

この度、有償でのサポートとして再開致しました。

どうして有償としたのかということは、

ウェブサイトをご覧下さい。

pac

 

 

 

 

 

 

別にこれで儲かろうとは思ってないんです。

施設に寄付しちゃいますし・・・

気持ちの問題なんです。←2月に書いてます。

まあ、再会のきっかけは、

ある方から、相談があったんです。

『以前預金したインドネシアの銀行預金が下ろせなくて困っています。

KITAS(ビジネスビザ)がないと下ろせないんです。銀行が、、、』

何を見て私のメールアドレス知ったのか?

私がお世話した銀行口座でもないし・・・

でも

こんなお困り事・・・超得意分野ですからっ!!

KITASっていうビザを取得するには20万円以上するんです。

もったいない、もったいない。。。

日本もインドネシアも銀行法はあまり変わらないってことがポイント。

芋焼酎1本を報酬に、1円も掛けずに成功!!

この方からは、本当に感謝の気持ちが伝わってきました。。。

ありがとう

っていい言葉だ。。。

で、

本当に困っている方、相談して下さい。

消費税還付とかビジネスの相談もOKです。

バリ島で1,000万・・・4.75%で定期預金してみました。

インドネシアの国立銀行BNIに定期預金してみました。

IMG_4818

1,000万といっても、円じゃありませんよー

1,000万ルピアです。

IMG_4819

日本円で9万円弱です。(1円=Rp.113)

昨年、今年に公定歩合が引き下げられたので、

今回の金利は、4.75%でした。(3年位前はこれの倍でした)

IMG_4820

預入金額によって、金利が有利になります。

日本円の1,000万円なら5.5%位ですかねえ。

1ヶ月定期預金からありますので、為替変動にも対処できます。

今回6ヶ月定期で、複利にせず金利を毎月普通預金に振り替えてもらいます。

インドネシア国営銀行の支店長は山葵が好き

livedoorの注目キーワードに「さつま」の文字が・・・。

と、思いきや「さつまりこ」でした。

『さつまりこ』は、女性に人気のさつまいものおいしさを

“じゃがりこ”独自の製法で再現した、“じゃがりこ”

の姉妹品らしいです。

ところで、

先程インドネシア国営銀行のBNI(Bank Negara Indonesia)の、

デンパサール支店長(女性)が来店され、

Teriyaki Chicken Donにワサビを・・・。

美味しいらしいです。

日本人の口座開設は、普通預金、定期預金共にバリさつまで手続き

してくれます。

昔の信用金庫みたい・・・。

バリの銀行の支店長は、女性が多いです。