海外で電化製品を買うなら・・・やっぱり日本製

2年位前のことですが、

バリ島で使っていた全自動洗濯機(SANYO製)の

ホースと洗濯機の付け根の部品が割れてしまい、

洗濯機が使えなくなったことがありました。

買った電気店に行って、部品を注文しましたが、

1週間経っても2週間経っても届きませんでした。

電話しても、『ジャカルタからまだ届かない。後1週間・・・』

1週間ごとに1週間延びていくんです。

そして、何ヶ月も過ぎて・・・・

また1週間・・・

もー怒ったぞー

日本のSANYOに電話して、

『インドネシアの現地法人に、どんな教育してますのん?』

『部品が何ヶ月も届きませんが・・・』

と苦情を入れてやりましたら、

その日の内に、現地法人の責任者(インドネシア人)が、

お詫びに来られました。

そして翌日、

何ヶ月も届かなかった部品を持って取り付けてくださいました。

少し割高ですが、やっぱり、日本のメーカーを選ぶべき

だと思っております。

昨日の記事に書いた楽天トラベルもそうですが、

日本企業の苦情処理能力は、世界一だと思います。

2 件のコメント

  • 日本製が信頼できるのですね。
    しかし、作っているのは中国やインドネシア国内。
    どうなんでしょうね・・・

  • ケンケン様、
    インドネシアでは、インドネシア国内で作っていますが、機械が作っているので・・・
    でも、インドネシアでは電化製品は寿命が短いです。電圧が安定していないのが原因だと思いますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。